旅の途中

催花雨(さいかう)

 春されば まづ咲くやどの 梅の花

 ひとり見つつや 春日暮らさむ

山上憶良 万葉集(巻5・818)

 梅の花 咲きて散りなば 桜花 

  継ぎて咲くべく なりにてあらずや

     張福子 万葉集(巻5・829)

天平二年正月十三日、

これは太宰帥大伴旅人の邸で梅花の宴で詠まれた歌、

万葉の時代から、梅の後に桜が咲くことを

待ちわびる気持ちがあったのですね。

「こちらではやっと梅の花が咲いた」

と北国の友人から連絡があった、

関東では梅はそろそろ散り始めている。

今日も春の雨が降っている、

その咲き誇っていた梅には花散らしの雨、

それでも春の雨には優しさがある、

梅を散らしていく春の雨も、

待ちわびる桜には恵みに雨、

この桜が咲くのを促し急き立てる雨を

「催花雨」と言うらしい。

三椏が咲き始め、庭の山茱萸もほころび始めている、

辛夷が咲き、瑞樹の花が咲く、

まもなく咲くだろう桜を思えば、この雨もまた嬉しや。

どうやら優しい雨でも人の足を遠ざけるのだろう、

話し声の聞こえなくなった庭をひとり歩く。

微かに聞こえるのは雨の音、

耳を傾けるにはこの静かさが有り難し。

茶室の縁に腰をかけて雨宿り、

なになに茶室の名は「聴雨庵」とな、

先人は雨の音を聴きながら茶をたてたという。

じっと心を傾けると、確かに池に落ちる雨の音が

微かに聞こえる。

この雨はきっと桜にも話しかけているだろう、

「もうまもなく君たちの出番だよ」 と・・・

(池上梅園にて)

Categories: 日々

「横笛」 » « うずのしゅげ

2 Comments

  1. 旅人の梅花の宴ですね。
    漢詩の世界では梅が好まれましたね。

    先日、池上梅園、母を連れて行ってきました。
    まだ七部咲きくらいだったでしょうか、でも紅白賑やかで気分は満開でした。
    かつては伊東深水の自宅だった梅園は、
    こじんまりしていますがお茶室もあり、感じのよい場所ですよね。

    車椅子なので石畳の先は行けなかったのですが、
    6枚目の写真は、池があるのか、雨が溜まって池に見えるのか…?

    近所の池上本門寺の今半で、こちらも庭園を眺めながらの昼食でしたが、
    ゆったり落ち着けてなかなか穴場だと思いました。

    今年もそろそろ桜旅、始まりそうですね。
    楽しみにしています。

    • sanjin

      2018年3月18日 — 2:31 PM

      carmenさん
      梅は咲いたか 桜はまだかいな

       柳やなよなよ 風しだい

        山吹や浮気で 色ばっかり しょんがいな~

      アタシが小学生の時に 先生の前で歌ったのがこの台詞、
      「マセタがきだ!」と廊下に立たされたんでありますよ。
      何しろこの唄を教えてくれたのがレッキとしたアタシのおふくろ、
      なにしろ小唄の師匠でしたから子供も 習わぬ経を読む みたいな
      ものですよね。

      池上梅園、母上を連れていかれましたか、
      なかなか気品があって 梅の一句も詠めればいいのですが
      ひとり物思いに耽りながらおふくろを思い出しておりました。
      あの写真は池のほとりで写したものです。
      雨の日でしたので他に人影もなくいい時間を過ごせました。
      母上を大切になさってくださいね。

      東京もいよいよ桜開花、
      そわそわ、むずむずしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright © 2002 - 2018 旅の途中

Theme by Anders NorenUp ↑