旅の途中

残り日

珍しく朝からずっと机に向かって仕事をしていたら、

腰は痛くなるし、背中はパンパンにツッパリ、

眼はショボショボ、

「ああ、歳をとるとはこういうことかな」

などとぶつぶつひとりごと、

窓の外を見ればもうどっぷりと夕闇が覆い尽くして

いるではありませんか。

「ヤーメタ!」

仕事は逃げやしないが、もしかしたら今日の福は

待ってくれないじゃないか、

なんて屁理屈くっつけて、いつもの夕暮れ散歩へ、

師走の羽子板市が終わるとさすがの浅草も一息つける

静かさが滲んでおりますな、

今は浅草の素顔が味わえる滅多にない時期なんですよ。

ひょいと路地を曲がれば、ここにも今日の福が

あるじゃないか と思わせてくれるので

師走の残り日のこの時期が大好きなんですよ。

あれ、おまえさんもう出てきたのかい、

いくらなんでもまだ十日もあるのに

酉の横に、ちゃっかり来年の戌がにっこり、

そうか、今年は我が家にワン公がやってきたから

まだまだ元気でいないとね、

そうだ、こういう運のいい日は 観音様へ

と裏路小路を抜けて観音様にご挨拶、

「今年もどうやら病気することなく過ごせそうです」

とお賽銭をチャリン!

あれ、ご返事がありませんですよ、

そうか、お願い事にしては少なすぎたか・・・

今度は奮発して野口英世さんをそっと賽銭箱へ

「まだ十日残っております、油断めさるな」

「ハハーッ!」

やっぱりお参りは気持ちがいいですな、

「金の多可で区別するな」

とおっしゃるんですか、

これはね、自分のこころの持ちようなんですよ、

地獄の沙汰も金次第、まして願い事はタダってわけにゃ

いきませんですよ、

これも、自分自身へのいましめでね、

金銭は肝心なところでケチルとロクナ結果にならない

というアタシの経験なんでしてね。

さてと、清々しい気持ちになると、背中のツッパリも

消えていますよ、

これで元気になれるならどうです安いもんじゃないですか、

浅草はね、昼間のお祭り騒ぎと、夕暮れからの静かな時間を

味わえる両極端がいいのでしてね、

暗がりの向こうに、時代を乗り越えてしまえそうな路地が

隠れているんですよ。

そういう小路を見つけられたら、生きていることが

楽しくなれますよ。

それじゃ、ちょいとその路地へ・・・

Categories: 日々

冬の顔 » « クリスマス

2 Comments

  1. 散人さま
     今年もあと数日になってしまいましたが、歳を重ねるほどに穏やかに過ごす
    年末になっているような気がいたします
    さしたる欲もなく日々之好日ならあとはなにも望むことがなくなるのでしょうかね

    成長してゆく孫達の姿と、自分の青春時代を重ねながら平和な日々をすごしています
    何かと不穏なニュースがながれる昨今ですが、この子達のためにも、この穏やかな時代が続くことを祈念するしかできないのはもどかしくもありますが・・・・
    古今東西人間の営みや祈りはこうして積み重なってきたのでしょうから、人智の及ばぬことに心かき乱すことは覧意味なのかもと思い自然体で新しい歳を迎えます

    今年も本当に楽しませていただきました!
    ありがとうございます
    どうぞ良いお年を!奥様にもくれぐれもよろしくお伝えくださいませ
    懐かしいお二人のお姿が去来します
    来年!お目もじが叶いましたら嬉しゅうございます

    • 旅人 散人

      2017年12月30日 — 12:15 AM

      まい様
      師走も押し詰まっての引っ越し、なんだか
      夜逃げしている気分です。
      40年住み続けた我が家を手放した際に
      余分なものは捨ててきたはずなのに、マンション
      とは随分狭いものだと、積みあがった荷物の山に
      茫然自失でございます。
      まだまだ物欲が残っている己に我ながら赤面状態で
      ございます、
      てんやわんやしていても時だけは冷静な顔で過ぎて
      いくのですね、
      別に大晦日までに片づけることもないか と開き直って
      「あと三日か」
      などと呟く年の瀬でございます。
      ニュースではそちらは大雪とのこと、転ばぬように
      ご注意くださいね、
      行く年が落ち着きを運び、来る年が穏やかでありますよう
      申し訳ないほど晴天続きのお江戸から祈っております。

まい にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright © 2002 - 2018 旅の途中

Theme by Anders NorenUp ↑