西日ギラギラ背中をあぶれば、

大汗カキカキ浅草散歩でございます。

浅草は四万六千日で大賑わい、

季節の風物詩はいいもんですな。

「あら、散ちゃんしばらく顔見なかったけど・・・」

「ああ、夏祭りの季節到来でね、成田だ、羽生だ、って

相変わらずの祭り狂いでね」

「あんたも若くないんだからさ、そろそろ身体に見合った

生活しないと行き倒れになっちまうよ」

「へい、肝に命じておきますよ」

何しろ子供の頃から何かと世話してもらってるおばさんの

云うことはきちんと聞かないとね。

「そういえば、源さんの顔しばらく見ないけど・・・」

「ああ、あの人は大丈夫よ、夕べも千鳥足で

 其処の路地フラフラ歩いてたからね」

横丁には昔から何でも知ってるおばちゃんが

いるのが浅草なんですよ、

「それではちょいと観音様にご挨拶に行ってまいります」

四万六千日分のご利益がいただけると信じておりますので

アタシは欠かさずお参りしているのですよ。

一日お参りして126年分のご利益ですよ、アタシはもう60回以上

お参りしているので、もしかしたら地獄へ落とされずに

済むかもしれないかも・・・

「キャーッ!大吉ダ!」

若い娘さんが大喜び、アタシは去年ここで大凶引いてますんで

気を引き締めたおかげで、何とか一年無事に過ごせましたんですよ、

「もしもし、お嬢さん、あまり喜びすぎちゃいけませんよ、これ以上

上がないとは、後は下がるだけだからね」

笑い声が消えた娘さん、

「変なこというオヤジさん」てな目で

 アタシを睨んでプイと行っちまいました、

ああ、言い方が悪かったかな、どこぞの大臣みたいに思われたのかしらね、

反省、反省!。

「アイスキャンデー 一本¥100」

に飛びついたのは、熟年おばさんグループ、

その場で頬張ったのは、若者と同じですよ、きっと浅草の開放的な

雰囲気が、普段なら絶対にやらない食べ歩きをやってみたのでしょうかね、

いや、違うな、その手にしたのはアイスキャンデーでした、この暑さの中、

何時までも持ってたら溶けちゃうものね、やっぱりその場で

頬張るのが正解でしたよね。

活気の戻ってきた仲見世通りを抜けて、路地裏歩けば

「あら、散ちゃん、奥に源さんいるわよ」

と女将さんの一声、

暖簾掻き分け覗くと、

「けっ!まだ陽の高いうちからヘロヘロじゃないのさ」

「女将さん、これは介抱しろっていうのと同じじゃないのさ、

もうひと廻りしてきますよ」

そっと姿を消そうとしたのに、こういう時に目ざといのが源さんの

油断ならない性格でね、

「あっ、コラ、逃げるのか!」

やれやれ、どうやら散歩は中止ですよ、

「女将さん、いつものヤツね」

女将さんはしてやったりのしたり顔、

こうして浅草の夏の夕暮れは過ぎていくのでありましたとさ。