旅の途中

柳桜をこきまぜて・・・

東京の桜が開花して間もなく三週間ですよ、

未だに散らずに頑張っているのは奇跡みたいじゃ

ないですかね。

桜の散る姿に重ねられた若者の命が次々に消えていった

戦争の傷跡を引きずっていた70年前、

上野の山から桜が消えてしまいました。

生きるためなら、人は善悪の区別などつけやしない、

寒ければ薪となって桜は次々に切られていく、

地下道には、親を亡くした浮浪児という名の子供達が

空き腹を抱えて空ろな眼で彷徨っていた。

戦地から命だけを残して戻った大人たち、

もし地獄があるとしたら、あの光景だと人は言うに違いない。

二度と戦争などするものかと誰もが思い知ったあの戦災の上野に

心ある人々がもう一度桜の苗木を植えた。

あれから70年、大きく育った桜の木の下で、

人々は年に一度の平和を噛み締める、

「桜は平和の象徴だ!」と。

もうあの日のことを思い出すことはほとんどなくなりました。

いいんですよ、桜を眺めながら

「酒が飲めるぞ!」

って集まれるのは平和の証なのだから・・・・

不景気という風をまともに正面から受けて元気がないのか

と思ったのは、とんだ大間違いでありました。

「相席お願いします」

案内で座った席は、若いOLさんたちのお隣り、

こちらは おでんにウーロン茶でクイと飲めば、

お隣は、大ジョッキでグビリ!

「あら、おじさん飲まないの」

て けしかけられても、

「飲めないの」

とは口が裂けても言えませんやね。

「ウーロンハイやってるから、よかったらおでんやりなよ」

「ご馳走さん、得した!」

まあ、屈託がなくていいですね。

散る桜が酔いどれ娘のジョッキにはらり

「サクラビールだ!」

おじさんは、急に用事を思い出したからとオヨビ腰で席を立つ、

「おやじ 逃げるのか」

まったく酔っ払った若い娘ほど手に負えない生き物はございませんでしょ。

やれやれと池の辺で夕涼み、酔った気分になれたのは、

やっぱりサクラの御蔭ですよね。

サクラの下で騒ぐのは、平和の証拠、まあ、硬いことは言わず

大目にみてやってください、

サクラが散ったからといって、命をとられる訳じゃないのですからね。

見渡せば 柳桜を こきまぜて

みやこぞ春の 錦なりける 素性法師

てな気分ですな。

(今年の上野はお花見御法度ですので2017年モノの
 さくらでございます)

Categories: 日々

大川端は桜色 » « 般若院 江戸彼岸櫻

2 Comments

  1. 散人さま
     ことしもおかげさまで毎日桜旅を堪能させて戴いてます。
    さしもの散人さまも、若いお嬢様たちに翻弄され手も足もでませんでしたね(笑)
    おでんのコンニャクをほおばりながら、そそくさと足早に立ち去るお姿を想像して
    思わず吹き出してしまいました。

    『梅の白妙 桜の匂い
         桃の薄色 こきまぜて
            春の綾織る 糸柳』
    あと少し・・・また来年の桜旅を心待ちする日がまいります。御身ご慈愛くださいまして
    少なくともあと30年は期待しておりますから(笑)

    水子地蔵に着せられた花衣、亡くしたくした吾子もどこかで着せて戴いてると信じます

    • 旅人 散人

      2017年4月15日 — 10:08 AM

      まい様

      今年の東京の桜は開花した途端にまるで冬に逆戻りして
      しまったかの陽気に桜花もこのまま開いていいものか
      と躊躇してしまったようで、なんと満開まで二週間も
      かかりましてね、満開の桜はハラハラ散り始めるのですが
      其処から再び冷気と冷たい雨、満開状態が五日も続くという
      桜にとっては試練の年になりました。
      早い年は、開花から三日で満開、東京の桜が散り始めるのを
      きっかけに桜旅に出かけておりましたが、今年はそのきっかけが
      つかめず東京を離れられない内に、各地の桜に逢いにいく機会を
      失っておりますよ。
      東京の桜を最後まで見届けないと、桜に申し訳けないような気に
      なっておりましてね。
      それにしても近頃の女子は恐ろしいほど元気でございますな、
      下戸の爺など端から太刀打ちできませぬ、

       ○○危うきに近寄らず、

      ヒキョウモノと罵られようと逃げるが勝ち
      を肝に命じておりますよ。(笑)

      五月の鯉が泳ぎだすと、いよいよ夏祭りの季節がやってまいります。
      今年もゆっくり休んでいる暇はないようです、
      ひとりで急がしがっているフーテン散人をどうぞお見捨てなりません
      ように・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright © 2020 旅の途中

Theme by Anders NorenUp ↑