%e8%a1%97%e3%81%ae%e8%a8%98%e6%86%b601

「人生は過ぎ去った記憶ですよ」

その男は

濡れそぼる舗道を見つめながらそう呟いた。

%e8%a1%97%e3%81%ae%e8%a8%98%e6%86%b605

言われてみれば、

半世紀も歩き続けている街の真ん中で、

そこにはあるとあらゆる記憶がこびり付いている。

%e8%a1%97%e3%81%ae%e8%a8%98%e6%86%b604

この街の何処に佇んでも、

若かりし頃の記憶は一瞬に蘇る、

なのにすれ違う人の姿は、

その記憶の中には

何処にも存在しないのです。

%e8%a1%97%e3%81%ae%e8%a8%98%e6%86%b603

半世紀ですよ、

どれ程多くの人に出会っていただろうか

でもね、ただすれ違っただけでは、

記憶の中に蘇ることはないのです。

%e8%a1%97%e3%81%ae%e8%a8%98%e6%86%b602

今すれ違った人は、

紛れもなく自分の人生の中で接点があったはず、

しかし、明日になればもう記憶の何処にも

残ってはいないでしょう、

%e8%a1%97%e3%81%ae%e8%a8%98%e6%86%b606

そう、それでいいのです

何でもかんでも詰め込んだら

いつかパンクしちまうからね・・・

%e8%a1%97%e3%81%ae%e8%a8%98%e6%86%b607