旅の途中

「やんなっちゃうな!」

「ゴットン ゴットン!」

花やしきのジェットコースターが動き出した、

「おや、まだ客がいるのか・・・」

最高部へ登り始めたジェットコースターの乗客は一番前の車両に

一組のカップルがシートベルトに押さえつけられて乗っている。

その時ですよ、まるで消火栓から噴出したかと思うほどの雨が・・・

アタシはあわてて軒下へ、振り向くとその土砂降りの中をジェットコースター

は一気に加速し始めていた。

もう最後まで止まらないその先頭のシートで二人はずぶ濡れになりながら

悲鳴を上げているらしいがその声は雨音にかき消されている。

「やんなっちゃうな!」

最後まで見届けたオジサンは雨の中を

そのまま歩くのであります。

六区の小路りを傘のないカップルが歩いてくる。

すれ違い様に男が叫んだ

「やんなっちゃうな!」

たぬき横丁で立ち止まると、新しい店に灯りが点っている、

「はて、見かけぬ店だが」

毎日見ている町なのに、突然店が変わっても気づかないものでしてね、

まして其処が更地にでもなろうものなら、

「あれ、ここにあったのは何の店だったかな」

まあ、人間の意識なんてたいていはそんなもので、見ているようで

見ちゃいないのですよ、

「やんなっちゃうな!」

どうやらカレー専門店、

話好きらしいマスターとすっかり気が合ってしまい、

カレーの味の話から旅の話へ、他に客の居ないのを確かめて

一時間も話し込んじまいましたよ。

この店の味、気に入りまし。

「旨かったよ、またくるからね」

と少し小降りになった町を歩き出せば

まるで待っていたかのように再びの土砂降り

とうとう町から人の姿が消えてしまいました。

店の中では店主たちがきっと呟いているんでしょうね

「やんなっちゃうな!」と・・・

Categories: 日々

二百十日 » « 秋驟雨

2 Comments

  1. 散人さんのユーモアたっぷりの旅の途中、ときどき読ませてもらってます。
    母の介護と猫の世話でなかなかコメントする余裕がないのですが、
    笑いは一服の清涼剤、何よりのクスリですね。
    ずぶぬれになりながらの花やしきのジェットコースター、
    怖さも通り越して、もうやけっぱちという感じでしょうか。笑いました。
    雷様もお忙しそうでしたね〜

    「やんなっちゃうな!」と呟きながらも、
    しみじみした情感を感じさせる雨の路地裏ですね。

  2. 旅人 散人

    2016年9月10日 — 1:24 PM

    carmenさん
    母上様の介護、そして猫さんの世話、とても
    心のバランスが取れておりますよ。
    我が家も父母の最期を介護いたしましたが
    今、思い出すと世話をさせてもらったことが
    その後のあたし等の人生を豊かにしてくれた
    気がしています。
    「旅の途中」が少しでも張り詰めた心を解して
    くれたら嬉しいですね。
    これからも、ウイットやユーモアが微笑みの素に
    なっていただけるように次から次と繰り出します
    からね、
    carmenさんも張り切りすぎず、マイペースで母上
    との大切な時間をお過ごしくださいね。
    笑顔に勝る薬はないと信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright © 2022 旅の途中

Theme by Anders NorenUp ↑