旅の途中

薔薇

 道のへの 茨の末に 延ほ豆の

 からまる君を はかれ行かむ

丈部鳥(万葉集巻20の4352 より)

ばらの花は今では西洋の花の代表のように想われますが、

わが国でも万葉の時代から歌にも詠まれた美しい花だったのですね。

古今和歌集の中で 紀 貫之は

 さうび と題して

 「我はけさうひにぞ見つる 花の色を

    あだなるものと 言ふべかりけり」

という歌を残している。

さうびとは・・・調べてみれば 薔薇(さうび)なのですね。

さらにさらに、現在二万種類の薔薇があると云われておりますが、

その原種はたったの十種、すべてがアジアにあるとのこと、

中でも三種は日本産だとか、すると薔薇にもっと愛を注ぐべきか・・・

何しろ人生の半分以上を桜に捧げてしまった旅人は、桜の持つ花霊に

とりつかれてしまったのですから、薔薇にだけは近寄るまいと硬く

心に誓っておりましたのです。

桜に宿るは 木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)

薔薇に宿るは 愛と美の女神「アフロディーテ」

クレオパトラは薔薇を敷き詰めた風呂で妖艶な微笑を武器にしたとか、

桜狂いには、薔薇の持つ退廃的な雰囲気が遠ざける

理由だったのでしょうかね、

つい先日、雨の中、都会の小さな公園に足を踏み入れたのは、

今でも理由は判りませんが、そこに密やかに咲いていたのは薔薇の花、

思わずかがみこんで雨に濡れたその薔薇の花を見つめてしまったのです、

あれほど近づかないように警戒していたというのに。

薔薇には感染させる何かがあることをあまりに軽くみておりました、

いまさら反省しても後の祭りです、

あの日から、薔薇の夢を見るし、それに今は薔薇が一番美しい時、

咲いている薔薇の傍へ知らぬ間に惹きつけられているのです。

はっきりいって アタシは薔薇の感染者に成り果ててしまったのです、

ああ、桜に何と言い訳をしよう・・・。

近頃、我が家の庭に薔薇の花が咲いている、

鬼姫様は

「今年も咲きましたのよ、なんだか少し自信がついたみたいです」

そして、悪いことに「薔薇が見られるところへ連れていくように」と

のたまうのです。

庭の薔薇にさえ、近寄らずにいたのに

「はい、参ります!」

とふたつ返事、薔薇の菌は防ぎようもありませんですよ。

茨城の地名の元になったという常陸の山間に広大なバラの園がある、

全てがバラで埋っている、

「ああ、薔薇行脚が始まってしまう、

  まして薔薇は春と秋の二度の花の時期がある」

というのですよ、

桜に何と言い訳しましょうか、

「薔薇を愛せるか、いや本心は桜一途です」

そんなどこかの偉い総理のようにしゃーしゃーと二枚舌を使えるか、

薔薇の花の前で言い訳を呟いている旅の途中でのこと。

(コロナによる自粛にて旅ができず記憶の引き出しから
 引っ張り出して旅している気分でございます。)

Categories: 日々

とんかつの味 » « 浅草三社祭「氏子町内神輿渡御」

2 Comments

  1. 散人さま
     いよいよ薔薇に感染されました?
    いいじゃありませんか。二枚舌は散人さまには似合いませんから
    「お汁粉も好き・ケーキも好き。ご飯も好き・パンも好き」と言い切っておしまいになれば。
    「でも、やはり桜のほうがアタシの心の奥の方に染みついておりますヨ」と桜にささやきかければ
    平成の光源氏か大伴家持!散人さまの魅力ですもの
    桜の花霊はきっと「フフフ・・・」とお許しくださいますでしょうから。

    薔薇が耽美だという主観もあまり鵜呑みにはできませんですよね。「そうび」と読んで愛でた万葉の世界の方々にはまた、違う見方があったようなきがしませんか?

    現在のように群咲することもなく秘めやかに咲いていたであろう薔薇のご先祖達は、見方によれば悲しいほど美しく健気に咲き風に散らされるもっと楚々とした儚い花だったような気がしますけど違うのでしょうか?

    黄色の薔薇に鬼姫様の面影がかさなりとても懐かしくなりました。よろしくお伝えくださいませ

    • 旅人 散人

      2016年5月27日 — 10:55 AM

      まい様
      東京から桜の姿が消えてしまうと、それは春がやってきたという証、
      藤が咲き、躑躅がこぼれ、牡丹だ芍薬だと目移りが激しくなった頃に
      薔薇が目の前に現れるのです。
      美しい花々に磨かれているうちにいつの間にか薔薇に引き込まれて
      しまったのです。

      でも、まだ桜の余韻が残っている内でしたから、薔薇の魅力に
      執り込まれる寸前でかろうじて踏みとどまっておりますよ。
      それでも、つま先だっている姿勢が揺れ動く度に、ぐらぐら
      しかかっております。

      もしかしたらこういう気分を、恋心というのでしょうかね。(笑)

      実は、ここ数年来体調が芳しくなく、怖い主治医の女医先生と
      鬼姫様のお陰で、体調が戻り始めてまいりましてね、
      いや、戻るというよりも、老人力が附いてきたということらしい
      のです。
      多分、いつまでも若いつもりでも衰える体力は如何ともしがたい
      もので、立派な老人になるための試練を乗り越えて、当たり前の
      老人になれたということかもしれませんね。

      人生の最終コーナーを無事廻れたとしたら、急に心まで晴れてきた
      ようで、まだ、恋のひとつやふたつは叶うかもしれないと、
      不届きな願いを持ち始めております。

      残りの人生、もう少し旅が続けられそうで日々ニヤニヤしながら
      歩き廻っております。
      ただし、鬼姫様の監視の目が厳しいので おべんちゃら が旨く
      なりましたよ。

      老人として生きる覚悟が心も体も出来上がってみれば、人生満更でも
      ないようですね。

      どうぞまい様もご自愛くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright © 2020 旅の途中

Theme by Anders NorenUp ↑