旅の途中

『冷暖自知』

「ふーっ!寒いね」

温かくなったかと思っていると、急に冷たい風が体温を

奪っていく、

今日が温かいのか、冷たいのかは誰に教えられなくても

判るものですが、それじゃ何でも体験すれば自ずから判って

くるものでしょうか。

当たり前に思っていることって、案外気付かないことばかりじゃ

ないですかね、

書物を読んだり、偉いと尊敬されている方に教授を受けたからと

いって、全てが理解できるなんてことは、アタシみたいな凡人には

不可能なことでしてね。

そりゃ、知識や記憶などは無いよりはあった方が

いくらかは益しかもしれませんが、

だからといって人生にはそれが正解ということは無いのでは・・・

いろいろな体験を通して、もし、悟ったと思っても、

それは自らが努力して見つけ出したことではなく、

体験によって悟らされただけなのかもしれませんよね、

なぜこんなことを思っているのか、それは自らを旅の中に置いているから

かもしれません、

モノを理解しようとするとき、一番簡単な方法は、

何か基準を設けておいてその基準と比較して優劣をつけようというやり方、

その基準は、人が作った場合もあるし、自分が体験から会得したこともある、

しかし、目の前に現れたモノや事案や感慨なんてものは、

比較して理解するものではなく、その目の前に立ち現れる事案を

比較しないで全て受け入れてみるという方法が

最も大切なような気がするのです。

その時にやってはいけないことは、自分の中にある記憶の中の知識を

総動員するということ、そんなものは、目の前の事案に何を感じるかには

何の役目もないということ、

たとえば、この寒空の下でも、可憐な福寿草は咲く、

もし仮に、気温が何度だから、花が咲き出したのだと理解したとしても

その福寿草事態には、温度が何度であるかは何の影響も無いこと、

「ああ、今年も綺麗な花だよ」

それだけで、それ以上でもそれ以下でもないのですな。

『冷暖自知』とは、中々奥が深いですね、

いかに心を真っ白にして、何を感じるか、

余計なことをすべて頭から追い出して

モノを見、触り、匂いを嗅ぐ・・・。

それが当たり前に出来るようになったら、どんなにか旅が

楽しくなるでしょうか。

久し振りの街、もう何十度も訪ねて、路地の隅々まで

判ってしまっているつもりでおりました、

今までの、この街の記憶を全て頭から追い出して

歩いてみました。

見るもの、触るものが何と新鮮でしょうか、

こんな方法があったじゃないですか、

路地ですれ違った人、

銭湯の煙突から薄い煙

蔵の屋根の上の暮れなずむ空、

今年の旅はこの方法で行こう、

もしかしたら本物の冷暖に出会えるかもしれないから。

Categories: 日々

赤塚諏訪神社「田遊び」 » « 四万騎ケ原

2 Comments

  1. 散人さま
     ご無沙汰いたしております
    久しぶりに・・・本当に久しぶりに奥様のお姿を垣間見れて!懐かしい想いがわきあがり思わずコメント欄を開きました。
    どんなに世界が窮屈になろうともお変わりなくお揃いでお元気に淡々粛々とお暮しのご様子が嬉しくて胸が熱くなりました。
    皇居の雅楽堂にお供させていただきましたことを懐かしく思い出しました。あの時同行した姉も闘病中で今は面会もままなりません。
    お元気そうな奥様のお姿に思わず涙がこぼれてしまいました。どうぞよろしくお伝えくださいませ
    私は昨年11月に寡婦になりましたけれど日々の営みと業務におわれているせいでしょうかまだしかとした実感もなく暮らしています。むしろ住む世界が別になった今の方が穏やかにその存在を受け入れている自分がいます
    コロナが収束してまた自由に旅ができる日までご自愛くださいませ

    • sanjin

      2021年2月21日 — 12:11 PM

      麻井様
       月日というのは永遠に旅を続ける旅人、変わらないと思っていても
      立ち止まって振り返ってみると人生もまた変化し続けているものと
      つくづく感じております。
      当たり前にできていたことがいつのまにかひとりではできなくなって
      いることに呆然とする日々こそが人生の到達点なのかもしれませんね。
      親との別れからいよいよ兄弟との別れ、やがて同じ時代を共に生きてきた
      愛する者との残された時間の少なさを感じながら日々を過ごすことの
      大切さを噛みしめながら、慌てることなく心静かにゆっくり歩いて
      行こうと願っております。
      人生の余韻を楽しむには、コロナによる自粛生活はそのきっかけに
      なるような気がしておりますよ。
      いつの日かお目にかかれる日がありますよう願っております。
      間もなく今年の桜が咲きます、しみじみと眺めていたいですね。
      お元気で!!

麻井紅仁子 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright © 2021 旅の途中

Theme by Anders NorenUp ↑