旅の途中

柴又慕情

観音様の本拠地のような浅草でお参りだけ澄ませると、

急にもっと静かな所へ行きたくなりましてね。

こういう時には、東京は便利なもので、ひょいと

電車に乗り込めば、あっという間に希望の場所に

運んでくれるというわけでしてね。

まあ、アタシの普段の行動半径などはたかが知れて

おりましてね、やって来たのは相変わらずの柴又帝釈天で

ございます。

駅を降りると、もう目の前から始まる参道は、寅さんのお陰で

いつも人波で溢れているのですが、どうしたことか全く人影が

ありません。

時計を見るとまだ夕方の5時前、参道の両側に並ぶお店は既に店仕舞い

した後でしてね、それにしても早過ぎやしませんかね、

客が来ないから店を閉めたのか、店を閉めたから客が来ないのかは

判りませんが、見事なほど人影がありませんですよ。

浅草仲見世は定休日はありませんが、もしかしたら柴又は一斉にお休み

する日があるのかもしれませんね。

これはこれでいつもならごった返している参道に人っ子ひとりいない

というのも滅多にみられない光景ですからね、アタシはひとりニンマリ

して我が道を行くがごとく歩き始めるのでありますよ。

帝釈様の山門は扉などありませんから、何時訪れても出入り自由、

そもそも参拝が主で帰りに参道のお店でゆっくり楽しんでいくというのが

この町の楽しみ方なのですが、やっぱり後の楽しみがないと寂しいものですね。

観光客の居なくなった参道には、信心深い地元の方が夕方のお参り

やってくるのです。

孫の手を引いた婆ちゃんは、見知らぬ旅人に微笑みながら

会釈をしてすれ違う、

買い物帰りの若い母親は自転車を止めて、しばしの四方山話、

山門を潜れば其処はありがたい信仰の領域、

たったひとりで手を合わせる、

なにやら帝釈様を独り占めした気分でございます。

「ありがたや、アリガタヤ」

と気分が良くなったところで参道を戻りはじめる、

ここで だんご屋の暖簾を肩でかき分けすっと入るのが

楽しみで・・・

そうでした、もうみんな店仕舞いでしたっけ、

「ヤレヤレ、帰るとするか」

とえびす屋さんの前へくると、旅に行く若者をみんなで

見送っているんです。

「キップ持ったかい」

「生水飲むんじゃないよ」

いいですね、アタシもこういう見送りで旅がしたくなりましたよ。

アタシの旅はいつでも思い付き旅、

見送りなんてあるはずもなし、

あの寅さんだって さくらさんが駅まで見送ってくれておりましたっけ。

ああ、また 旅がしたくなりました。

そういう気にさせる町だったんですね、柴又は・・・

Categories: 日々

『夜落葉』 » « 『会津磐梯山』

2 Comments

  1. 散人さま
     ながながのご無沙汰をしていながら、どこぞの芸人のように突然ヒョッコリ顔を出す気まぐれヒョッコリBABAをどうぞお許しくださいね。
    懐かしい柴又の夕暮れにつられて・・・懐かしい散人さまのお顔がうかびあがり。
    どんな世の中になっても、こちらに伺えばいつに変わらぬ美しい画像と散人さまのあたたかい文章に出会える。それだけで心がほっこり!ありがとうございます。

    私は不死鳥のように!と綺麗に言いたいところですが(瀕死の豚の悪あがき笑)でしょうか
    今、新しい世界の虜になってあがいています。
    教師を目指す孫息子が書留めておいてほしいといった一言から、私の余生に新しい役目が与えられました。引揚者という自身の歴史のためにも。

    戦争と言えば広島長崎東京空襲に沖縄・・・・が語られますが。
    そのどこよりも多くの命が消えた(引揚)を書き残したいと取り組んでいます
    もう少し生きていても良いようですね

    • sanjin

      2021年11月5日 — 9:26 AM

      麻井様
      そろそろ冬の便りが聞かれる深秋の候
      懐かしい方からの便りはうれしいものですね、
      コロナ禍の中御無事で過ごされれておられたことに
      安堵しております。
      この二年間、人に会うことも叶わず、旅も自粛の日々、
      まさか、老後にこんなつらい毎日が待っていようとはお釈迦様でもきずかれなかったに違いないとひたすら祈るばかりの日々でございます。
      せめて「旅の途中」だけは生きている証として書き続けておりますよ。
      麻井様も新たな記録への足掛かりを見つけられたとのこと、是非とも書き残しておいていただきたく思います。
      本当にこの世は何が起きるかわからないことを見せつけられておりますだけに、新たな思いを残すことに躊躇
      などしていては手遅れになってしまいますよ、新たな
      事への思いの丈を書き綴ってください!!
      なんだか遠くなってしまった関東の空の下から応援しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright © 2022 旅の途中

Theme by Anders NorenUp ↑